文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

コンソーシアムについて

PARTNERS FROM ACROSS JAPAN HELPING TO SAVE IRREPLACEABLE CULTURAL HERITAGE かけがえのない文化遺産を、
オールジャパンで救う

コンソーシアムの使命

MISSIONSコンソーシアムの使命

2006年6月、「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関する法律」が公布・施行されました。この法律は、破壊や消滅など危機にさらされている海外の文化遺産を保護するために、日本に蓄積された知識、技術、経験などを活かした国際協力を推し進めていくことを定めています。この法律と同時に、協力をよりスムーズに推進するため、「文化遺産国際協力コンソーシアム(推進協議会)」が設立されました。以来10年に及び、コンソーシアムは文化遺産国際協力に携わる数々の主体(大学・研究機関、公的機関、国際協力支援機関、民間助成団体)を相互に結びつけ、日本の国際協力の進展に大きく寄与してきました。

つなぐto CONNECT

ネットワーク構築

大学・研究機関、公的機関(関係省庁、独立行政法人)、国際協力支援機関(企業、NGO、NPOなど)、民間助成団体など相互を結ぶ横のネットワークを構築しています。

「つなぐ」取組み ・関係機関との連携 関連リンクへ
・分科会での意見交換 「分科会」活動紹介ページへ

しらべるto STUDY

調査研究

文化遺産国際協力に関する各国の取り組みや要望に関して、情報収集や調査研究を行っています。現地調査で得た情報は、報告書やデータベース上で公開しています。

「しらべる」取組み ・海外調査実施 国際協力調査のページへ
・報告書刊行 刊行物のページへ

あつめるto CONSOLIDATE

情報の収集と提供

文化遺産国際協力に関わる様々な基礎情報(専門家情報、国際協力実績、遺産に関する情報など)をデータベース化し、会員がウェブ上で検索できるシステムを提供しています。

「あつめる」取組み ・日本の文化遺産国際協力事業情報の収集 プロジェクト情報ページへ
・会員専用データベースの構築

つたえるto COMMUNICATE

広報・普及活動

日本が行っている文化遺産国際協力活動について、ウェブサイトを通じて活動事例を紹介しています。また、シンポジウムや研究会などで、国際協力の重要性や、文化遺産国際協力分野における最新の動向について広く発信しています。

「つたえる」取組み ・各種イベントの開催 「イベント」活動紹介ページへ
・文化遺産関連ニュースの紹介 ニュース一覧へ

mission1

つなぐto CONNECT

ネットワーク構築

大学・研究機関、公的機関(関係省庁、独立行政法人)、国際協力支援機関(企業、NGO、NPOなど)、民間助成団体など相互を結ぶ横のネットワークを構築しています。
mission2

しらべるto STUDY

調査研究

文化遺産国際協力に関する各国の取り組みや要望に関して、情報収集や調査研究を行っています。現地調査で得た情報は、報告書やデータベース上で公開しています。
mission3

あつめるto CONSOLIDATE

情報の収集と提供

文化遺産国際協力に関わる様々な基礎情報(専門家情報、国際協力実績、遺産に関する情報など)をデータベース化し、会員がウェブ上で検索できるシステムを提供しています。
mission4

つたえるto COMMUNICATE

広報・普及活動

日本が行っている文化遺産国際協力活動について、ウェブサイトを通じて活動事例を紹介しています。また、シンポジウムや研究会などで、国際協力の重要性や、文化遺産国際協力分野における最新の動向について広く発信しています。

ORGANIZATIONコンソーシアムの運営体制

文化遺産国際協力コンソーシアムでは、会員を代表した運営委員会、企画分科会、各地域分科会(6地域)などの 会議を年間15回程度開催しています。文化遺産保護に関する最新情報を共有し、議論するなど、綿密な連携を取ることで、「オール・ジャパン」で文化遺産国際協力に取り組む体制を実現しています。 コンソーシアムの運営体制 図を拡大する

HISTORYコンソーシアムのあゆみ

2003 自民党による「文化財国際協力推進議員懇談会」 発足
2004 文化財国際協力等推進会議 開催
2005 文化外交の推進に関する懇談会(外務省主催)開催
民主党による「文化財国際協力推進議員連盟」発足
2006 「海外文化遺産保護国際協力推進法」の超党派議員懇談会発足
「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関する法律」公布
文化遺産国際協力コンソーシアム設立
平山郁夫が初代会長に就任
東南アジア分科会、西アジア分科会を設置
2007 「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関する基本的な方針」
(平成19年12月25日外務省・文部科学省告示第1号)
東アジア・中央アジア分科会を設置
経済協力連携ワーキンググループの設置
2010 石澤良昭が第2代会長に就任
2011 アフリカ分科会、中南米分科会、欧州分科会を設置
2012 ミャンマーワーキンググループの設置
2014 「海外の文化遺産の保護に係る国際的な協力の推進に関する基本的な方針」
(第二次基本方針)(平成26年2月21日外務省・文部科学省告示第1号)
東南アジア分科会を東南アジア・南アジア分科会に改称

STEERING COMMITTEE MEMBERS運営委員(第6期)一覧

青木 繁夫 東京文化財研究所 名誉研究員
石澤 良昭 上智大学アジア人材養成研究センター 所長
上智大学 特別招聘教授
泉  拓良 京都大学大学院総合生存学館 特定教授
伊藤 博士 公益財団法人トヨタ財団 常務理事
伊東 正伸 独立行政法人国際交流基金文化事業部 部長
上野 邦一 奈良女子大学 国際親善教授
山中 晋一 独立行政法人国際協力機構企画部 部長
岡田 保良 国士舘大学イラク古代文化研究所 所長
亀井 伸雄 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所 所長
後藤 健 独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館 客員研究員
小宮 浩 公益財団法人文化財保護・芸術研究助成財団 専務理事
須藤 健一 国立民族学博物館 館長
關  雄二 国立民族学博物館 先端人類科学研究部長 / 教授
友田 博通 昭和女子大学国際文化研究所 所長
中川 武 早稲田大学 名誉教授 / 博物館明治村 館長
西村 康 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター
文化遺産保護協力事務所 所長
野口 昇 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 理事長
前田 耕作 和光大学 名誉教授
松村 恵司 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所 所長
蓑  康久 公益財団法人住友財団 常務理事
宮崎 恒二 東京外国語大学特命事項担当室 教授
宮廻 正明 東京藝術大学大学院美術研究科 教授
茂木 義三郎 公益財団法人三菱財団 常務理事
矢野 和之 日本イコモス国内委員会 事務局長
吉田 憲司 国立民族学博物館 副館長 / 教授

MEMBERSHIP会員について

コンソーシアムでは、文化遺産保護に携わる方々を対象とした会員制を導入しており、2016年2月の時点では、405名の個人会員が所属しています。このほか、組織会員として研究所や財団などが27団体、学生会員が6名所属し、合計411名27団体から構成されています。

ACCESSアクセス

文化遺産国際協力コンソーシアム事務局

〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター内 Tel. +81-3-3823-4841 
Fax. +81-3-3823-4027

JR上野駅公園口より徒歩15分 
JR鶯谷駅南口より徒歩8分