文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS 文化遺産ニュース

【2/12 開催】 日中韓文化遺産フォーラム『水中文化遺産の保護と活用』を開催します(2017.01.31)

日中韓文化遺産フォーラム『水中文化遺産の保護と活用』を開催します。
   
文化庁から以下の案内を頂きました。

●名 称:日中韓文化遺産フォーラム『水中文化遺産の保護と活用』

●趣 旨:
陸上では多くの遺跡が知られ、その調査成果が話題を呼んでいますが、かつては陸であった場所が水没して形成された遺跡や沈没船など、実は水中にも遺跡や遺物が残されています。特に沈没船は、「海のタイムカプセル」と呼ばれ、文献に残らない当時の人々の生活の足跡を今に伝える貴重な資料といえます。このような水中文化遺産の調査・研究とその保護・活用は世界各地で進められており、東アジアもその例外ではありません。日本では、長崎県松浦市鷹島沖で発見された蒙古襲来の際の元軍の沈没船遺跡がその代表例として挙げられます。
日本とアジアの文化交流をコンセプトに掲げる九州国立博物館は、海を介した交流の証拠を残す水中文化遺産の研究から得られる成果に多くの期待を寄せています。このたび、九州国立博物館で「日中韓文化遺産フォーラム:水中文化遺産の保護と活用」を開催いたします。中国・韓国・日本を代表する専門家が、各国の水中文化遺産調査の先進事例と保護・活用の取組について紹介します。

●日 程:
2017年2月12日(日)10:00~15:45(受付9:30~)

●会 場:
九州国立博物館1階ミュージアムホール

●アクセス:
福岡県太宰府市石坂4‒7‒2
http://www.kyuhaku.jp/visit/visit_top.html
西鉄「太宰府」駅下車、徒歩約10分

●言 語:
同時通訳あり

●申込方法:
事前申込制。専用申込フォームまたはFAXにてお申込ください。
専用申込フォーム:https://culturalforum.sakura.ne.jp/
FAX:フォーラムチラシ裏面(http://www.kyuhaku.jp/event/161228/161228.pdf)にある申込用紙に記入の上、下記FAX番号にご送信ください。
FAX:092-711-3100
受付時間:平日10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
締め切り:平成29年2月6日(月)17:00まで ※追加申込み受付中
*当選者は当選通知の発送をもってかえさせていただきます。
*当選通知はフォーラム開催1週間前頃までにお手元へハガキを発送致します。
*車いすをご利用の方は、事前に事務局へご連絡ください。
*未就学児のご入場はお断り致します。
*個人情報について:お預かりしました個人情報は、第三者への提供・公開はいたしません。

●参加費:
無料

●定 員:
250名(先着順)
*定員となり次第受付終了とさせていただきます。

●主な内容:
10:00~10:25 
開会挨拶

10:25~10:45
「韓国における水中文化遺産の保護と活用の取組の歴史」
李貴永(イ・クィヨン)(国立海洋文化財研究所)

10:45~11:05
「新安沈没船にみる活用とその意義」
金炳菫(キム・ビョングン)(国立海洋文化財研究所)

11:15~11:35
「中国の水中文化遺産の保護と活用の体制」 
刘丽娜(リュウ・リーナ)(西安交通大学)

11:35~11:55
「南海1号沈没船の引き上げと今後の活用について」
孙键(ソンチェン)(国家文物局水下文化遺産保護中心)

11:55~13:10 休憩

13:10~13:30
「日本の水中遺跡保護・活用の現状と課題」
禰冝田佳男(文化庁記念物課)

13:30~13:50
「鷹島海底遺跡における水中考古学の歴史」
池田榮史(琉球大学)

14:00~15:45 
討論会「日中韓の水中文化遺産」
司会:赤司善彦(福岡県教育庁)
パネリスト:李貴永・金炳菫・刘丽娜・孙键・禰冝田佳男・池田榮史・佐々木蘭貞(九州国立博物館)

●主 催:
文化庁、九州国立博物館

●問合先:
日中韓文化遺産フォーラム申込事務局(株式会社西広 内)
TEL・FAX:092-711-3100
受付時間:平日10時00分〜17時00分(土・日・祝日を除く)
*時間外のお問い合わせ、FAX受信は受け付けておりません。
     
本シンポジウム詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.kyuhaku.jp/event/event-170104.html

一覧に戻る