文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS 文化遺産ニュース

【12/10開催】国際シンポジウム「モンゴル考古学のいま-東部モンゴルの古代テュルク王侯遺跡<ドンゴイン・シレー碑文遺跡>の調査研究」が開催されます(2017.11.28)

国際シンポジウム「モンゴル考古学のいま-東部モンゴルの古代テュルク王侯遺跡<ドンゴイン・シレー碑文遺跡>の調査研究」が開催されます。

●名 称:
国際シンポジウム「モンゴル考古学のいま-東部モンゴルの古代テュルク王侯遺跡<ドンゴイン・シレー碑文遺跡>の調査研究」

●主 催:
国立大学法人大阪大学大学院言語文化研究科 
JSPS 科研費 26257008

●日 時:
12月10日(日)13:00~18:00

●会 場:
大阪大学中之島センター 講義室406

●アクセス:
https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/
京阪中之島線「中之島」駅より 徒歩約5分
阪神本線 「福島」駅より 徒歩約9分

●参加費:無料

●主な内容:
1300 
 開会の挨拶

1310 
 講演1 
  「ドンゴイン・シレー遺跡の考古学的発掘調査の成果」 
     B. ツォグトバータル(モンゴル国科学アカデミー歴史・考古学研究所考古学センター主任研究員)
    司会:松川節(大谷大学教授)
    通訳:清水奈都紀

1400 
 講演2 
  「ドンゴイン・シレー碑文の特異性と碑文配置から見た本遺跡の被葬者と設立背景」
    大澤孝(大阪大学大学院言語文化研究科教授)
    司会:鈴木宏節(青山学院女子短期大学助教)

 休憩

<調査・研究発表の部>
1500 
 研究発表1 
  「ドンゴイン・シレーの石碑上に彫刻されたタムガ(印章)についての調査」
    G. ルンデフ(モンゴル国科学アカデミー歴史・考古学研究所考古学センター研究員)
    司会:松川教授
    通訳:清水奈都紀

1540 
 研究発表2 
  「東部モンゴルにおける契丹文字碑文の調査現況について」
    松川節(大谷大学文学部教授)
    司会:鈴木助教

 休憩

1630 
 研究発表3 
  「ドンゴイン・シレーの三次元計測からみえるもの」
    山口欧志(奈良文化財研究所埋蔵文化財センター,アソシエイトフェロー)
    司会:笹田朋孝(愛媛大学准教授)

1710 
 研究発表4 
  「東部モンゴルの交通路から見たドンゴイン・シレー遺跡の立地背景」
    白石典之(新潟大学人文社会・教育科学系教授)
    司会:笹田朋孝(愛媛大学准教授)

1750
 閉会の辞
  ※なお、1800より懇親会を同会場で行います。参加費は14000円、受付時に徴収させていただきます。

●言 語:
日本語、他言語については日本語通訳あり
  
●後 援:
モンゴル国科学アカデミー歴史・考古学研究所

一覧に戻る