文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS 文化遺産ニュース

【8/27-9/11開催】第47期 日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画 短期コースの参加者を募集しています(2018.05.27)

●名 称:第47期 日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画 短期コース

●コースと研修概要:
(1)「メキシコの知的財産制度」
(2)「貿易・投資分野での二国間協力」
(3)「作物,林業,畜産,水産及び微生物学的遺伝子資源の評価・特性・保存」
(4)「考古学サイトの保存・修復」
(5)「救出考古学と遺跡地区整備」
(6)「ゲノム医療」
(7)「メキシコの関税制度」

研修期間:2018年8月27日(月)~9月11日(火)
      (日本・メキシコ間の空路移動期間を除く)

●募集人数:計16名
 各コースの定員数は(1)3~5名,(2)1~3名,(3)4名,(4)6名,
          (5)3~5名,(6)1~5名,(7)4~6名

●研修言語:英語(スペイン語は必要ありません)

応募締切:6月8日(金)必着

●研修実施機関:
-メキシコ工業所有権庁(IMPI: Instituto Mexicano de la Propiedad Industrial)
 (1)メキシコの知的財産制度
-メキシコ貿易投資促進機関(PROMEXICO)
 (2)貿易・投資分野での二国間協力
-国立農牧林研究所(INIFAP: Instituto Nacional de Investigaciones Forestales, Agrícolas y Pecuarias)
 (3)作物,林業,畜産,水産及び微生物学的遺伝子資源の評価・特性・保存
-国立歴史人類学庁(INAH: Instituto Nacional de Antropología e Historia)
 (4)考古学サイトの保存・修復
 (5)救出考古学と遺跡地区整備
-国立ゲノム医療研究所(INMEGEN: Instituto Nacional de Medicina Genomica)
 (6)ゲノム医療
-税関局(AGA: Administración General de Aduanas)
 (7)メキシコの税関制度

●目 的:
日墨両国の戦略的グローバル・パートナーシップの強化に貢献出来るような若手人材の育成を目指し,メキシコにおいて研究・研鑽を積む機会を提供するものです。
(本グローバル・パートナーシップ研修計画は,1971年に発足した両国政府による研修生・留学生の交流プログラムであった「日墨交流計画」を基に両国の戦略的グローバル・パートナーシップをより一層強化する観点からコース内容の変更を行ったもので,2010年度より短期コースを設置しています。)

●条 件:
(1)対象者は各コースの研修概要に記載
(2)日本国籍を有する者
(3)心身ともに健康な者
(4)英語能力を有する者(以下のいずれかの資格を保有している,または同等の能力を有すること)
 TOEIC 700以上,TOEFL PBT500以上,TOEFL IBT90以上,IELTS 6.0以上
(5)メキシコに単身で渡航できる者
(6)受入機関の規則等を遵守できる者
(7)過去に本計画(日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画
  (旧称:日墨交流計画)長期コース又は短期コース)に参加したことがない者
(8)コース終了後,活動報告書を提出すること

●待 遇:
(1)渡航費:成田-メキシコシティー間の往復航空券(エコノミークラス)を支給
(2)研修雑費:一定額の雑費支給(支給額については確認中。メキシコ国内での宿泊費用及び食費は参加者の負担)
(3)国内移動費:メキシコにおける空港-ホテル間の移動の車両手配をメキシコ政府 が負担
(4)医療保険:メキシコ政府が原則として負担

●問合せ先:
外務省中米カリブ課メキシコ班
TEL:03-3580-3311 内線2494
メール:nichiboku*mofa.go.jp (注)メールアドレスの*を@に直して送付願います。

●応募方法、詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/m_ca_c/mx/page23_002501.html

一覧に戻る