お知らせ

2014.02.01

第14回研究会「文化遺産保護の国際動向」を開催します

第14回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「文化遺産保護の国際動向」を
以下の要領で開催いたします。ふるってご参加ください。

●開催趣旨
 文化遺産国際協力コンソーシアムでは、文化遺産保護をめぐる最新の国際動向を
会員間で共有するための研究会を開催し、国際会議に出席した会員から各会議で
の議論の最新の動向をご報告頂いております。
 今年度は基調講演として国際交流基金の安藤裕康 理事長をお招きし、「文化を通
じる国際協力と交流−双方向性に向けて」と題してお話し頂きます。国際交流基金で
はアジアをはじめ米州、欧州等の国・地域で多様な国際文化交流事業を展開し、日本
に対する理解を促進しています。今回は、こうした交流事業に文化や文化遺産はいか
にして活用されているのか、そしてこれからの文化を通じた国際協力はどこに向かって
いるのかなどを中心にお話し頂きます。

 

●名 称:第14回研究会「文化遺産保護の国際動向」

●主 催:文化遺産国際協力コンソーシアム
●日 時:2014年3月7日(金) 14:30−18:00(13:30開場)
●場 所:東京文化財研究所セミナー室
      〒110-8712 東京都台東区上野公園13-43 アクセスはこちら

●参加費:無料(懇談会に参加される場合は別途1000円を承ります)

●プログラム:
◇総会
 14:00−14:20 平成25年度文化遺産国際協力コンソーシアム総会
◇研究会
 14:30−14:35 開会挨拶
 14:35−15:15 「文化を通じる国際協力と交流―双方向性に向けて」
           安藤裕康(国際交流基金 理事長)
 15:15−15:45 「富士山の世界遺産登録とその課題」
           本中 眞(文化庁 主任文化財調査官)
 
 15:45−16:00 休憩

 16:00−16:30 「ユネスコ無形文化遺産保護条約第8回政府間委員会」
           二神葉子(東京文化財研究所 企画情報部情報システム研究室長)
 16:30−17:00 「ICOM大会招致に向けて」
            栗原祐司(国立文化財機構 本部事務局長)
 17:00−17:30 「第12回バーミヤン専門家会議 概要報告」
            前田耕作(文化遺産国際協力コンソーシアム 副会長・和光大学 名誉教授)
 17:30−17:55  質疑応答 
 17:55−18:00  閉会挨拶 
 18:00−      懇談会
 

 

参加を希望される方は、下記申込フォームよりお申込みください。

https://www.jcic-heritage.jp/form/form.cgi
※申込フォーム入力後、「参加申込完了通知」が自動返信により送信されます。
  届かない場合は今一度入力されたアドレスをお確かめの上、事務局までお問い
合わせください。

 

会員以外の方の参加も歓迎いたします。是非お誘いあわせの上ご来場ください。

※本シンポジウムのチラシはこちらをご覧ください。(PDFファイルがダウンロードされます。494KB)

 

 

 

< 戻る