文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

緊急企画「『2016エクアドル地震』による文化財被害状況報告会」を開催します(2016.11.25)

緊急企画「『2016エクアドル地震』による文化財被害状況報告会」を以下の要領で開催いたします。
ふるってご参加ください。

●名 称:緊急企画「『2016エクアドル地震』による文化財被害状況報告会」
●開催趣旨
2016年4月16日、エクアドル共和国マナビ県ペダルナレス付近を震源地とするマグニチュード7.8の「2016エクアドル地震」が発生し、エクアドル海岸部は甚大な被害を受けました。これを受け、文化遺産国際協力コンソーシアム中南米分科会においては、国際交流基金の協力を得て、2016年9月に文化財被害の実状把握の調査を実施しました。この結果、海岸部の多くの博物館・歴史的建造物が損壊の被害を受け、復旧も進んでいないことが明らかになりました。本報告会では、被害の実状報告を中心として、現地関係諸機関の対応・文化財被害をめぐる社会動態にも目を向け、国境を越えた文化財保護の支援の可能性を探ります。

●主 催:文化庁、文化遺産国際協力コンソーシアムnew_ecuadorflyer

●共 催:国際交流基金
●日 時:12月16日(金)15:00-17:00(開場 14:30)
●場 所:東京国立博物館平成館 小講堂
東京都台東区上野公園13-9 アクセスはこちら
※当日は東京国立博物館「西門」より入場をお願いいたします。
%e5%b0%8f%e8%ac%9b%e5%a0%82%e5%9c%b0%e5%9b%b3

 

 

 

 

 

 

※画像をクリックすると拡大されます。

JR鴬谷駅 南口より徒歩8分
JR上野駅 公園口より徒歩12分

●参加費:無料
●定 員:40名

●プログラム:
15:00-15:40 報告「『2016エクアドル地震』による文化財被害」
大平 秀一(東海大学教授)

15:40-15:50 休 憩

15:50-16:50 討論
司会:関 雄二(国立民族学博物館教授、文化遺産国際協力コンソーシアム副会長)
スピーカー:大平 秀一
コメンテーター:日高 真吾(国立民族学博物館准教授)

是非お誘いあわせの上ご来場ください。

●申 込:
事前申込制。12月14日(水)までに、参加される方のお名前(ふりがな)・ご所属・ご連絡先を明記の上、consortium@tobunken.go.jpまでお申込ください。
なお、お申込に対する返信は行っておりません。お申込が定員に達した場合にのみ、お断りのメールをお送りすることがありますので、あらかじめご了承くださるようお願いいたします。
※お電話での申込も受け付けております。

●お問合せ先
文化遺産国際協力コンソーシアム事務局
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 所内
Tel: 03-3823-4841 Fax: 03-3823-4027
E-mail:consortium@tobunken.go.jp

一覧に戻る