文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS 文化遺産ニュース

【8/23開催】アジア・フェロー セミナー「ベトナム固有文字『チュノム』の世界」が開催されます(2018.08.20)

アジア・フェロー セミナー「ベトナム固有文字『チュノム』の世界」が開催されます。

●名 称:アジア・フェロー セミナー「ベトナム固有文字『チュノム』の世界」

●日 時:2018年8月23日(木)15:00~18:00(14:30開場)

●会 場:国際交流基金 本部2階ホール[さくら]
 https://www.jpf.go.jp/j/access/map.html

●アクセス:東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅1番出口から徒歩3

●参加費:入場無料(事前申込制)

●言語:ベトナム語・日本語(逐次通訳あり)

●趣 旨:「アジア・フェローシップ」では、2014年度からこれまでに68名のフェローが芸術・文化、学術・知的交流など多岐にわたる分野で、調査・研究・創作・ネットワーク構築活動などを行ってきました。この度、ベトナムより来日し調査研究中のフェロー グエン・ナム氏により、ベトナム独自の固有文字「チュノム」をめぐる公開セミナーを開催いたします。「チュノム」はベトナム独自の文字(漢字を元にした文字で、20世紀前半まで1,000年間ほど使われたが、その後使用を中止)。チュノムとは何かという解説から始まり、仏植民地時代のフランス人によるチュノム研究、および仏政府の植民地統治における言語政策・文化政策を概観します。またチュノム研究に欠かせない基本文献は現在、慶応義塾大学に所蔵されており、その経緯と文化交流の意義について考察します。

●主な内容
登壇者:Nguyen Nam グエン・ナム(ベトナム)
    /平成30年度アジア・フェロー/ベトナム・フルブライト大学創立教員
    岩月 純一(いわつき じゅんいち) モデレーター
    /東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 教授

●プログラム:
 15:00 チュノム解説とチュノム研究の最新動向
 16:30
 仏植民地統治における言語・文化政策

●主 催:国際交流基金アジアセンター

●申込方法:メールの件名を「アジア・フェローセミナー申込(1)チュノム」として、お名前(ふりがな)、ご所属、人数を本文にご記入のうえ、jfac-gf@jpf.go.jpまでお申込みください。

●申込締切:8月20日(月)

●問い合せ先:国際交流基金 アジアセンター 文化事業第2チーム 担当:幸田・三澤
      TEL:03-5369-6025

詳細は下記URLをご覧下さい。
https://jfac.jp/culture/events/e-grant-and-fellowship-fellow-seminar-chu_nom/

※同日18時30分より、アジア・フェロー セミナー「選挙後のマレーシア民主主義の行方」も開催いたします。

一覧に戻る