文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

コラム記事を公開しました (2019.06.17)

下記コラム記事をウェブサイト上で公開しました。

皆様どうぞご覧ください。

 

真珠、石油、古墳の国バハレーンへの国際協力事業(II) :日本隊による学術調査と新発見

執筆者:安倍 雅史(東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 研究員)

 

コラム内で紹介されているバハレーンのディルムン古墳群(Dirmun Burial Mounds)へは、当コンソーシアムの協力相手国調査を契機に国際協力が開始されました。
ディルムン古墳群に対して、ICOMOSより世界遺産リストへの「記載」が適当との勧告があり、20197月にアゼルバイジャンで開催される第43回世界遺産委員会にて、世界遺産に正式に登録される見通しです。

 

【追記 2019.07.08】
2019年7月6日の第43回世界遺産委員会(アゼルバイジャン・バクー開催)にて、ディルムン古墳群(Dirmun Burial Mounds)の世界遺産登録が正式に決定しました。
バハレーン要塞 – ディルムンの古代の港と首都(Qal’at al-Bahrain – Ancient Harbour and Capital of Dilmun)[2015]、真珠採り、島の経済を物語るもの(Pearling, Testimony of an Island Economy)[2012]に続き、ディルムン古墳群はバハレーンにとって3つ目の世界遺産となります。

2019年7月24日に開催予定のコンソーシアム研究会では、第43回世界遺産委員会の報告をいち早くお届けします。

 

【関連コラム】
「真珠、石油、古墳の国バハレーンへの国際協力事業(I) :古墳群の保存・活用・史跡整備に関するスタディー・ツアー」

 

一覧に戻る