文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

第31回研究会(ウェビナー)「技術から見た国際協力のかたち」を開催します(2022.07.15)

 

 

文化遺産国際協力コンソーシアム
第31回研究会「技術から見た国際協力のかたち」

趣旨:

 文化遺産保護の分野でも、新しい機器や技術が導入されることで、調査や研究における記録や保存の作業がますます効率化・高精度化されるようになってきていると同時に、様々な技術の導入は、文化遺産に関わる調査・研究手法や国際協力のあり方そのものにも変化をもたらしています。
 本研究会では、日本が関わる文化遺産国際協力の現場における具体的事例を紹介しつつ、多様な社会的・文化的背景のもと行われる活動の中で我々は新技術にいかに向き合うべきかについて考える機会とします。

第31回研究会ポスター

プログラム:

15:00-15:05 開会挨拶・趣旨説明
青木 繁夫(文化遺産国際協力コンソーシアム副会長)

15:05-15:25 「社会における技術の変化:テクノロジーとどのように向き合うか」
亀井 修(国立科学博物館 産業技術史資料情報センター)

15:25-15:45 「複数国の協力による技術導入:カンボジア・ライダーコンソーシアムの設立による遺産研究と保護」 
下田 一太(筑波大学 芸術系 准教授)

15:45-16:05 「身近な最新技術で文化遺産保護を広める:誰もが取り組める計測記録を目指して」 
野口 淳(金沢大学 古代文明・文化資源学研究所 客員研究員)

16:05-16:50 パネルディスカッション
モデレーター:亀井 修、友田 正彦(文化遺産国際協力コンソーシアム 事務局長)
パネリスト:上記講演者

16:50-17:00 まとめ・閉会挨拶 
友田 正彦

主催:文化遺産国際協力コンソーシアム

日時:2022年8月28日(日) 15:00-17:00(一般参加者は14:50より接続)

開催方式:オンライン(Webex ウェビナー)

言語:日本語

参加費:無料(要事前登録)

申込方法:フォームよりご登録ください。
※受付完了後、ウェビナーのURLがご登録のメールアドレスに届きます。
8月27日(土)までにウェビナーのURLが通知されない場合は、お手数ですがコンソーシアム事務局(consortium_tobunken@nich.go.jp)までご連絡ください。

申込締切:2022年8月24日(水)

ご視聴にあたってのご注意:
※Webexへの接続や、機器・ソフトウェアの使用に関するお問い合わせには対応できかねますので、初めてWebexを利用される方は、事前にご自身で接続テストを行っていただくことをお勧めいたします。
※Webexウェビナーでは、聴衆側のカメラ・マイクはオフに設定させていただきます。

お問合せ先:
文化遺産国際協力コンソーシアム事務局
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 所内
Tel: 03-3823-4841
Fax: 03-3823-4027
E-mail: consortium_tobunken@nich.go.jp

一覧に戻る