文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

ブータンの文化遺産法整備支援

Support for development of a legal framework for cultural heritage in Bhutan ブータンの文化遺産法整備支援

九州大学法学研究院

ブータン王国

ブータンの文化遺産

2011年〜2015年 地域開発
2014/04/01
NEXT

BACKGROUND背景

なぜブータンか、なぜ法整備か

ブータンの文化遺産
 ブータンには、標高差によって多様に変化するおおむね手付かずの自然と、その自然環境に適応した生業を営む人々が小規模な集落を構成する伝統的な景観が、そのほぼ全国土に見られる。伝統家屋と自然の地形に沿った耕作・放牧地に囲まれた環境の中で、独自の文化や習慣、宗教的精神性や相互扶助の伝統を重んじる農村の暮らしは、特別な保護の下に延命されたものでなく、現在のブータンにあたりまえにあるものである。全国に2000を数える大小の寺院は古刹・新築を問わずいずれも人々の篤い信仰を集め、コミュニティーの中心としての役割を果たす。行政機関と仏教僧団を合わせ容れる壮麗なゾンは17世紀以来のブータンの歴史を証言する遺産である以上に、次の歴史を刻み続ける場として存在する。このような、有形遺産(建造物)と無形遺産(伝統・信仰)の融合と共存が、混沌とかつダイナミックに現存する国は世界的に例をみない。

文化遺産法の必要性
 こうしたダイナミズムは、文化遺産が人々の手にあって生き続けることを保障する一方で、伝統的生活様式の変化がそのまま有形遺産の改変(建造物の建替えや改築)に直結することを意味する。古い建造物は、収容すべき僧侶・信者の増加による空間拡張や機能の改善等のニーズに合わせた改築が継続的に行われ、また功徳を積む等宗教上の理由から機会あるごとに荘厳されてきた。しかし、近年の急速な近代化の流れの中にあって、これまでの伝統的精神性に裏付けられてきた文化のダイナミズムを文化遺産保護行政の中でどう捉え直すかが、同国担当機関にとって最大の課題のひとつとして認識されており、包括的な文化遺産保護行政の有力なツールとして、文化遺産関連法の整備が強く望まれている。

ブータンの景観

パロ市近郊のゾンの荒廃

ACTIVITIES活動内容

法整備の手法とこれまでの成果

プロジェクトの経緯
 2010年冬に某ユネスコ職員にお目にかかり、ブータンの現状について話を伺う機会があった。実際に自分の目で見る必要があると感じ、現地を訪れ、ブータンの美しさと急速に進みつつある開発の状況を目の当たりにした。ブータン政府文化庁上層部とお目にかかり、古文書保護、有形文化遺産保護(動産文化財は既に法律があるので除く)、無形文化遺産保護の3つが懸案事項であることが明らかになり、協力を約束してきた。幸い、文部科学省・政府開発援助ユネスコ活動費補助金を受けることができ、本格的に活動を開始した。これまで3年間補助を受けることができた。また作業を確実なものにするため、九州大学とユネスコ・デリー事務所およびブータン文化庁の三者間で協力協定を締結した。

手法とこれまでの成果
 古文書保護法については、草案が存在したため、その批判的な検討から作業を始め、概念の統一や構成に問題があった。また歴史的建造物や無形文化遺産についてはコンセプトの検討さえなされていなかった。そこで、ブータン文化庁担当者から現状に関する情報を得、かつ視察を行った上で、法の射程の画定から議論を重ね、法案の構成と具体的な条文策定作業を行ってきた。さらに、策定された条文について現地担当官の検討に委ね、その成果にさらに批判的に検討を加え、修文する、という作業を基本的手法として採用している。議論を地道に積み重ね、現地のニーズをくみ取って概念化を進めるわけである。

ブータン文化庁における文化遺産法整備ミーティングの様子

ブータン文化庁、ユネスコとの覚書

起草作業

RESULTS結果

今後に向けて

これまでの成果
 幸い、文部科学省の上記補助金を3年に渡って受けることができた。その結果、これまでに、古文書保護法の文化庁案を完成させることができた。また、有形文化遺産保護に関しては歴史的建造物に関わる法文はほぼ完成することができ、現在は文化的景観に関する規定案の検討を行っている。また無形文化遺産に関しては、関係官庁に対するサーベイを行い、その回答の取り纏めを進めている。

今後の見通し
 今年で3年目に入るが、今年度内には有形文化遺産保護に関する法案は完成させる見込みが立ちつつある。この後は、無形遺産保護法の策定に力を注ぐとともに、有形文化遺産保護法施行規則の策定にとりかかる。加えて、ユネスコは世界遺産条約締約国であり、平成24年度には暫定リストに3つの文化遺産候補を提出していることから、世界遺産条約の観点から必要になるオ―センティシティや完全性の要件との関係をすり合わせてゆく作業のお手伝いができれば、と考えている。

ブータンの伝統的な景色

プナクハゾン(Punakha Dzong)

MAP地図