文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

ミャンマーにおける発掘調査法・遺物研究法等の考古技術移転を目的とした拠点交流事業

ミャンマーにおける発掘調査法・遺物研究法等の考古技術移転を目的とした拠点交流事業

奈良文化財研究所

ミャンマー連邦共和国

コー・ター窯跡、ピイ考古学フィールドスクール

2016年度 ~ 2018年度 人材育成
2022/10/06
NEXT

BACKGROUND背景

豊かな文化遺産とその保護体制の充実

 ミャンマー連邦共和国には旧石器時代から現代に至る様々の文化遺産が豊富に存在する。国は文化遺産保護事業を進めているが、人材育成には課題も抱えていた。
 2013年度から3年間、東京文化財研究所が文化庁から受託した文化遺産国際協力拠点交流事業「ミャンマーにおける文化遺産保護に関する拠点交流事業」のうち考古分野を奈良文化財研究所が再委託を受け事業展開していた。その業績に対して、ミャンマー側から研修の継続が要請された。そこで、2016年度に、奈良文化財研究所が文化庁から文化遺産国際協力拠点交流事業を受託し、ミャンマー宗教文化省考古・国立博物館局を相手国拠点とし、ヤンゴン大学考古学部の協力を得て「ミャンマーにおける発掘調査法・遺物研究法等の考古技術移転を目的とした拠点交流事業」をおこなうこととなった。
 なお、2016年8月にミャンマーを代表する文化遺産であるバガン遺跡群が地震による被害を受けたため、奈良文化財研究所は考古分野に加えて建築分野においても技術移転を図るため2017年度に文化庁から文化遺産国際協力拠点交流事業「ミャンマーにおける考古・建築遺産の調査・保護に関する技術移転を目的とした拠点交流事業」を受託し、2018年度まで継続した。建築分野の業務は東京文化財研究所に再委託しているので、ここでは考古分野に関してのみ報告する。

バガンの仏塔群

ピイ考古学フィールドスクールの研修室

ACTIVITIES活動内容

陶磁器・土器の実測や調査研究と考古測量の研修

 考古研修は陶磁器の調査研究法に関する研修、土器の実測方法に関する研修、考古遺跡の測量方法に関する研修で構成した。各分野で現地研修を実施したが、陶磁器の調査研究法と考古遺跡の測量法に関しては、研修生を日本に招へいしての研修も合わせて実施した。
 2016年度は、陶磁器の調査研究方法の研修としてミャンマーから4名を招へいし、遺跡や博物館の見学と資料の調査、国際研究会での成果発表をおこなうとともに、現地での研修をモン州のコー・ター窯跡と周辺の遺跡で2次に分けておこなった。これは、出土遺物の洗浄・分類・記録に関するものでミャンマー人6名が参加した。また、ピイ考古学フィールドスクールにおいては、土器の実測方法に関する研修を3日間実施した。
 2017年度は、陶磁器の調査研究法に関する研修として3名を日本に招へいし、資料調査の他、陶磁器の科学分析をおこなった。ミャンマー現地ではコー・ター窯跡出土遺物の記録方法の研修を4日間おこない、5名の参加を得た。考古遺跡の測量方法に関する研修では、3名を招へいして奈良文化財研究所において遺跡測量の基礎からの講義と実習を実施した。また、現地研修としてピイ考古学フィールドスクールにおいて4日間にわたり遺跡測量に関する講義と実習をおこなった。
 2018年度は、陶磁器の調査研究法に関する研修として3名を日本に招へいし陶磁器の実測方法やデジタルトレースに関する講義と実習をおこなった。現地研修では4日間にわたり窯跡出土陶磁器の調査と、陶磁器や窯道具を博物館で展示する実習をおこなった。考古遺跡の測量方法に関する研修では3名を招へいして測量手法や測量計算に関する講義と実習を実施した。また現地研修としてピイ考古学フィールドスクールで4日間にわたり測量機材の操作、測量と測量計算の講義・実習を実施した。

窯跡出土陶磁器の整理

土器実測法の研修

RESULTS結果

技術移転と研修生の反応

 陶磁器の調査研究法に関する研修では、前年度までの発掘調査の成果を受けて、遺物の基礎的な整理から実測・分析を経て博物館展示計画に至る流れの技術移転を図ることができた。研修生からは、コー・ター窯跡周辺での考古調査を継続してほしいという要望があった。また陶磁器の科学分析にも強い関心が寄せられた。
 ピイ考古学フィールドスクールにおける土器実測の研修では、遺物を詳細に観察する機会としての手測りによる実測の重要性について伝えることができ、研修生の関心も高かった。
 遺跡測量の研修では、大規模遺跡の計画調査に必須の遺跡測量技術について原理から実習までじっくりと教示することができ、多くの研修生に技術を伝えることができた。
 3カ年の研修事業ではミャンマー考古学界が抱える問題の解決には一部しか貢献できていないが、先方からの要望が強い分野について研修をおこなったので、成果があがったものと考えている。

陶磁器の分析

遺跡測量方法の研修

MAP地図