文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

第23回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「諸外国における文化遺産保護の支援と協力を知る・語る」を開催しました(2018.08.22)

2018年7月24日(火)、赤坂インターシティコンファレンスにおいて、第23回研究会(ワークショップ)「諸外国における文化遺産保護の支援と協力を知る・語る」を開催しました。

本研究会は、平成27年度から平成29年度にかけてコンソーシアムの行った国際協力調査(国際協力体制調査)の成果を元に、諸外国の行う文化遺産分野の国際協力について、ワークショップ形式で話し合い、参加者に理解を深めていただくことを目的として開催されました。

研究会の冒頭、岡田保良 文化遺産国際協力コンソーシアム副会長(国士舘大学イラク古代文化研究所教授)から開会挨拶が行われました。

次に、泉拓良 文化遺産国際協力コンソーシアム欧州分科会長(京都大学名誉教授)より開催趣旨の説明が行われ、本研究会の目的についての説明の後、具体的なワークショップの進め方について説明されました。

ワークショップの第1ラウンドでは、参加者は調査対象国となった7カ国(韓国、ベルギー、イタリア、フランス、ドイツ、オランダ、英国)それぞれのグループに分かれ、グループのファシリテーターからそれぞれの調査結果の概要についての説明を聞いた後、感想や、疑問点、自分の知っていることなどを自由に付箋紙に書き出し、そこで出たコメントについてファシリテーターの進行で話し合いを行いました。

第2ラウンドでは、参加者は第1ラウンドとは別のグループ(国)に移動し、その国の調査結果についての説明を聞いた後、第1ラウンドで参加したグループと第2ラウンドで参加したグループの二国を比較しての感想や気づきなど、意見を付箋紙に書き出し、そこで出たコメントについての話し合いを行いました。

第2ラウンドの後、各ファシリテーターが壇上に上がり、泉欧州分科会長の司会で報告と総括が行われました。ファシリテーターからは、各国の文化遺産国際協力の特徴や、参加者からどのようなコメントがあったかなどの報告が行われ、韓国のファシリテーターを務めた青木繁夫 文化遺産国際協力コンソーシアム副会長(東京文化財研究所名誉研究員)が総括を行いました。

報告・総括の時間では、他のグループの報告を聞いての各国の制度の比較をはじめ、EUの行う国際協力についても調査してはどうかという意見や、日本の文化遺産国際協力のあり方についても話が及び、来場者からの発言も交え、活発な意見交換が行われました。

最後に泉欧州分科会長より閉会挨拶が行われ、盛況のうちに本研究会が終了いたしました。

今回の研究会では約40名の参加がありました。

研究会開催に関しまして、ご協力下さいました関係者の皆様、並びにご参加下さいました皆様に深く御礼申し上げます。

 

【写真説明】(上から)

 

1:岡田保良副会長による開会挨拶

2:泉拓良分科会長による趣旨説明

3:ワークショップの様子

4:ワークショップの様子

5:ホワイトボード

6:会場からの質問

7:青木繁夫副会長による総括

 

 ※プログラムや開催概要はこちらをご覧ください。

 

一覧に戻る