文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS コンソーシアムからのお知らせ

第27回研究会(ウェビナー)「コロナ禍における文化遺産国際協力のあり方」を開催しました(2020.11.10)

文化遺産国際協力コンソーシアムは、2020(令和元)年95日(土)にウェビナー、第27回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「コロナ禍における文化遺産国際協力のあり方」を開催しました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、文化遺産国際協力の現場も大きな困難に直面しています。こうした状況下で、各プロジェクトがいかに対応しているのかという具体的な情報を共有するとともに、文化遺産国際協力の今後とその可能性について議論するという目的のもと開催されました。

 

友田正彦事務局長(東京文化財研究所文化遺産国際協力センター センター長)による開会挨拶・趣旨説明の後、長岡正哲氏(UNESCOプノンペン事務所 文化部主任)が「コロナ禍におけるアンコール遺跡の保存事業」と題して講演しました。コロナ禍で観光客が減少し、アンコール遺跡周辺の観光業が深刻な打撃を受けている一方、カンボジア政府組織APSARAは、そうした状況を逆手に取り、これまで着手できなかった遺跡周辺の大規模な整備事業や、新たな調査を行っていることが紹介されました。

 

次に、渡部展也氏(中部大学 准教授)からは、「デジタルツールを利用したリモート国際協力事業の例」と題した報告の中で、紛争下にあるシリアで、破壊の危機に瀕する文化遺産の3Dドキュメンテーション作業を、日本からインターネットを介して、リモートで支援する取り組みが紹介されました。

 

これらの講演の後、關雄二副会長(国立民族学博物館 副館長)の司会のもと、友田正彦氏、山内和也氏(帝京大学文化財研究所 教授)が加わり、パネルディスカッションが行われ、オンラインを通じた研修や、デジタルツールを活用したリモートでの調査・保護活動の可能性と限界について議論されました。最後は、コロナ禍でも文化遺産国際協力を前進させようとする各プロジェクトの新たな試みや挑戦、そこで培われた知識や経験を、コロナ後の文化遺産国際協力に生かしていけるよう、コンソーシアムでは、関連する情報の収集・発信に努めていきたいという關副会長の言葉で締めくくられ、研究会は無事終了しました。

 

当日は、約140名の方にご参加いただきました。本研究会の開催にあたり、ご協力くださいました関係者の皆様、参加者の皆様にお礼申し上げます。

 

※研究会の開催概要・プログラムについては、こちらをご覧ください。

※本研究会の動画をYouTube上で公開しています。こちらをご覧ください。

一覧に戻る