文化遺産国際協力コンソーシアム Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage JCIC-Heritage logo JCIC-Heritage

NEWS ニュース

コンソーシアム開催のイベントやお知らせ、
その他文化遺産に関わる機関開催のイベント情報の情報をお届けします。

  • NEWS 文化遺産ニュース

【12/11開催】東京文化財研究所、金沢大学古代文明・文化資源学研究所共催 国際シンポジウム「考古学と国際貢献︓バーレーンの文化遺産保護に対する日本の貢献」(2022.11.11)

「考古学と国際貢献︓バーレーンの文化遺産保護に対する日本の貢献」

主 催:
 東京文化財研究所、金沢大学古代文明・文化資源学研究所

日 時:2022年12月11日(日)13:00-18:00

会 場:東京文化財研究所地下一階セミナー室 (〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43)

使用言語:英語(通訳はありません)

参加費:無料・事前申込制(定員50名)

趣旨:
 中東のバーレーンは、東京23 区と川崎市をあわせた程度の小さな島国ですが、魅力ある文化遺産を数多く有しています。
 とくに今から4 千年前の青銅器時代には、バーレーンはディルムンと呼ばれ、メソポタミア、オマーン半島、そしてインダスを結ぶ海洋交易を独占し繁栄したことが知られています。この時代、バーレーンには、7 万5 千基もの古墳が作られ、19 世紀末以来、多くの考古学者を惹きつけてきました。この古墳群は、2019 年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されています。
 今回の国際シンポジウムは、日本とバーレーン王国の外交関係樹立50 周年を記念して開催するものです。バーレーンの国立博物館館長ほか、バーレーンで発掘調査を行っている各国の発掘調査団団長、日本の専門家が一堂にかいします。シンポジウムを通じて、多くの方に、バーレーンの文化遺産の魅力、また長年の日本の貢献について、知っていただければと思います。

詳細プログラム:

東京文化財研究所 文化遺産国際協力センターのPeatixページをご覧ください

参加費:無料・事前申込制(定員50名) 

申込方法および問合せ先:
下記メール宛にお申し込み・問い合わせください。
abe-m6e@nich.go.jp  

 

一覧に戻る